食品安全

コンサルティングメニュー(規格認証コンサルティング)

ISO22000 食品安全マネジメントシステム

ISO22000は、フードチェーンにおける製品(食品)の安全を確保 するための要求事項を規定した食品安全マネジメントに関する国際規格です。ISO22000の適用範囲は、食品を製造・加工する組織 だけでなく、フードチェーンのすべての組織が対象です。

ISO22000食品安全マネジメントシステムの構築経験が豊富なコンサルタントが、効果的かつ組織の実態に合った食品安全の仕組み づくりをご支援します。

  • ISO22000 認証取得コンサルティング
  • ISO22000 規格構成
  • ISO22000 取得のメリット

HACCP (危害要因分析・必須管理点方式)

HACCPは、「危害要因分析に基づく必須管理点」と訳され、世界 中の食品工場で広く取り入れられている、食品安全を確実に確保するための工程管理手法です。食品安全マネジメントの国際規格 であるISO22000はこのHACCPを中心に構成された規格です。
日本においても、農林水産省補助事業としてHACCPの普及促進事業が進められており、今後HACCP導入企業の増加が期待されています。

HACCP専門家の証である「国際HACCP同盟認定 HACCPリードインストラクター」の資格を有した経験豊富なコンサタントが貴社の HACCP導入をご支援いたします。

  • HACCP 導入 / 認証取得コンサルティング
  • HACCP12手順7原則
  • HACCP導入のメリット

FSSC22000 食品安全マネジメントシステム

FSSC22000は、CIAA(EU食品・飲料産業連合)の支援のもと、 Foundation for Food Safety Certification (FFSC) が開発・運営している食品安全システム規格です。 FSSC22000の認証を受けるためには、ISO22000の他に*PAS220の要求事項に適合する必要があります。既にISO22000やHACCP等の食品 安全に関する仕組みが導入されている組織は、PAS220の要求事項に対する追加のレビューのみが必要です。

*PAS220(Publicly Available Specification 220)は、PRP(前提条件プログラム)の要求事項を明確にするために開発されたBS 規格

食品安全マネジメントシステムの構築経験が豊富なコンサルタントが、効果的かつ組織の実態に合った食品安全の仕組み づくりをご支援します。

  • FSSC22000 認証取得コンサルティング
  • PAS2200の構成要素
  • FSSC22000 取得のメリット

食品防御(フードディフェンス)/ 食品偽装(フードフラウド)

FSSC22000等GFSI規格対応の、食品防御、食品偽装の仕組みづくり(手順の策定、脅威/脆弱性評価、対応策検討等)を支援します。このサービスは以下のような組織が対象となります。

  • 食品防御(フードディフェンス)/食品偽装に対する体制整備を検討中である
  • FSSC22000、ISO22000等の認証取得を検討中である
  • 取引先から食品防御(フードディフェンス)や食品偽装の取り組みを求められている

食品防御(フードディフェンス)/食品偽装に関しての見積り依頼、ご質問等は、下記↓のお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

ISO22000 / FSSC22000 / HACCP / 食品防御(フードディフェンス) / 食品偽装
ISO22000 食品安全マネジメントシステム
HACCP (危害要因分析・必須管理点方式)
FSSC22000 食品安全マネジメントシステム